「収納」の考え方が変わった貸し倉庫。【30年の悩みが消えました】

Sponsered Link

を計画するときに
かならずと言って良いほど


「収納」スペースと暮らしのスペースとのバランスが問題になります。





最初は


リビングを広くしたい、そして洗面室も広くしたい、
子供部屋も広くしてあげたい、

そうそう玄関も広ければ素敵だね、

ゲスト用の部屋も作りたいなぁ、
トイレも広くしたいなぁ、

ウォークインクローゼットも欲しいなあ、
アイランドキッチンが置きたいなぁ、

などなど夢が広がっていくものです。





ですが、
すぐ現実の問題にぶつかってしまいます。


それは

収納スペースの問題です。

box3



入居後は
ものが少なくて快適に過ごせるのですが、


そもそも
リビングや洗面室、寝室、洋室、
玄関周り、水回りを優先したため


「収納スペース」を最小限にしてしまい、
すぐに家の中に物があふれて乱雑になってしまいます。





そうなると

決まって


「開かずの間」ができてしまいます。


そしてそれは特に
「和室」が犠牲になるようです。


最初は綺麗で友人も呼べたのに、
一年も経つ頃には
外で会食するようになった
というパターンがそれです。



以上のような
「収納」に悩む人は
全てと言ってよく、



そのため

インテリアコーディネーターは
収納のことから頭が離れなくなっているということです。


「片付け術」

「整理術」

といったものです。





私も30年間、
戸建て住宅に関わっていますが、

この「収納」問題に何度もぶつかってきたわけで、

その結果、
物理的に収納できなければ
「断捨離」するしかないと思っていました。



それで
実践したわけですが、

それでも家の中では
収納が足りないので

家の敷地に物置を買ってしまい、
それでも物が増え続けていくので
定期的に物を処分するしかありませんでした。


さらに困ったことに、
モノを整理したのは良いのですが、

「どこに何をしまった?」

と分からなくなってしまったという問題に
ぶつかりました。


これは、


建築に携わっていても
結局
「収納」問題を片付けられなかったということを表しています。







111_edited-2




当然
貸し倉庫やトランクルームも考えなかったわけではありませんが、


近いエリアに無かったり、
保存状態のことも不安だったり、
外にあずけたとしても
「何をあずけたっけ?」となるのは目に見えていましたので
結果、それもできませんでした。



そして
機会を見て
部屋の整理、そして物の処分を繰り返しているということです。






そしていつしか

その状態が続いていた時に
あるサイトを見つけて


「ハッ!」としたということです。



それは単に
モノを整理できるということではなく、

これから家を建てようと考えている人に知ってもらいたいと
思ったからです。




つまり

家の計画にさえ、影響を与える情報だからです。


初めから
しっかりとした環境の倉庫を外部に置くと決め、

家はゆったりとした空間にする
ということです。



なんといっても、
この貸し倉庫はエリアを選ばず
あずけたものをスマホで見れ、

さらに倉庫に行くこともなく自宅で預け入れ、
物の取り出しが可能
なため手間がかかりません。

Sponsered Link



ですから

整理された部屋でお気に入りの家具に囲まれ、
友人たちと楽しい時間を過ごせるというわけです。



片付けが苦手な人も多いでしょう。
(得意な人は本当にマレだと思っています)




以下のページでさらにくわしい情報を得て、
友人に紹介すると喜ばれるでしょう。

(思ったよりも低価格なことに驚くでしょう)




↓30年の悩みが消えました。



高品質保管のシュノア|宅配トランクルーム


%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af1500

高品質保管のシュノア|宅配トランクルーム





★TVボード価格表


メッセンジャーで見る



★収益増加を可能にするシステム


【最新】「リストを自動で集めるツール」【無料版】


「集客ツール」の使い方|3大SNSツールの設定方法



★リフォームの盲点


高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


Sponsered Link