建築と家具、別々なものではありません:協力してこそ生まれる一体感

Sponsered Link

=協力してこそ生まれる一体感=

この差は大きい!


当たり前のように
建築の設計と家具の設計との微調整が行なわれると良いと思っています。


なぜ?


少しでも施主様に快適な家を提供したいから。


当たり前ですよね。


別々に提案することに違和感を覚えているのは
自分だけ?


もっと
建築の設計担当者と意見交換していきたいですね。


o0800049312987481754

Sponsered Link




→フロート式(浮いている)TVボードをあなたの家に【全国販売開始】



→家具設計は建物とのつながりこそが大切





















Sponsered Link