設計担当者以外の人の発想がおもしろい

計者と呼ばれる人の頭には
無意識に作れる作れないという判断、さらに材料の取り合いなどが
浮かんできて、

いわば
面白みの無いデザインになってしまうことが多いと思います。(私も含め)

モデルハウスで
ユニークな間取りとデザインで大変評判になったハウスメーカーの
社長から聞かされた話を紹介すると、

設計の人間では面白い案が出てこないので
どちらかというと設計ノウハウがなくて家が好きだという
スタッフにプランニングをしてもらった。


というものでした。

当然
材料取りも悪く無駄も生じ、
普通ならしないことがあちらこちらに盛り込まれていて
図面の整えが大変だったらしいのですが、

その後

そのモデルハウスは評判が評判を呼び
いまではブランドとして定着するに至っています。

柔軟な発想があっても
いざ実現するにはそれ相応のエネルギーが必要なのだと
感じさせられたことを思い出します。

それは
家具やキッチンも同じです。

もっと気楽に
もっと自由に

プランニングをしてみませんか?

o1000056313747964689







↓建築関連




→フロート式(浮いている)TVボードをあなたの家に【全国販売開始】









■ネット起業の「仕組み」を公開




住宅設計に欠かせないCADデータ集







一戸建てリフォーム専門
インスタ集客ノウハウ





スポンサーリンク


ツイッター(twitter)集客ツールが無料