イギリスの動物保護団体が「ネコのための不動産会社」をオープン

Sponsered Link

イギリスの動物保護団体が「ネコのための不動産会社」をオープン


ネズミのための遊園地、ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネコのための不動産会社」が、実際にロンドンにオープンしたのだ。

猫だって、住む場所は
自分で選びたいんです。

位置するのは、IT企業が集結し始めている「Tech City」。野良猫が1番居なそうな土地柄ということは、割とリッチな人たちを対象にしているのだろう。中にいるスタッフも、キリッと爽やかに決めている。

「ようこそ、Estate Agent For Catsへ!」

開店と同時に入って来てくれた、最初のお客様はなんとラグドール。ふわふわの長い毛と青い目が特徴的で、高級感があふれている。

「なかなかイイわね、このお家」
「ありがとうございます!こちらの物件はサイズ感もぴったりですし、何より大きめの窓が開放感を出してくれているので〜……」

「僕の城見つけた!」

「ここじゃちょっと狭いわね……」

「ママ、お家決まった〜!?」

「そうねぇ、この家に決めようかしら」

「タージマハルも良かったけど、もう少し庶民的なのはないの?」

「あっ、お客様!爪とぎはおやめください…!」

予想以上に続々と来るお客さんに、ひとりでバタバタと忙しそう。出品している家も、デザイナー、ジャーナリスト、学生など、建築家がそれぞれ違うためバラエティに富んでいて、迷ってしまうのも仕方がないだろう。

Sponsered Link

気に入った?
買取はオークション方式で

「お客様、聞いてらっしゃいますか?必ずこの期間までに、飼い主様との交渉をお願いしますね?」

せっかく来店してもらったけれど、残念ながらすぐに購入して持ち帰ることはできない。まずはそのお気に入り具合を存分にアピールして、決められた期間のうちに、飼い主に入札を頼むという仕組みだ。

「猫の居場所」に、
もっと目を向けて欲しい

この前代未聞の企画を実行したのは、イギリスの動物保護団体Blue Cross。彼らは毎年、数千匹もの猫を保護していると言う。プロモーションの動画や写真に使われているのも、実際に彼らが保護している猫たち。

彼らの人生や住むところに、もっと目を向けて欲しいという想いから「不動産」を選んだのだ。

Licensed material used with permission by Blue Cross


リスト自動収集ツール【無料版】の入手方法


集客ツールが無料【見込客を集めるツール】



★フロート式TVボードを全国へ


フロート式TVボードを全国へ


LINE@特典

 


★リフォームの盲点


高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


★在宅で健康管理【遠隔診療→通院不要】


病院と薬局へ行く必要が無い【遠隔診療】が家や職場で受けられます

Sponsered Link

シェアする

フォローする