リフォーム中にミステリアスな隠し部屋を発見 中には生活の痕跡が……

Sponsered Link

リフォーム中にミステリアスな隠し部屋を発見 中には生活の痕跡が……
 リフォーム時に空調をチェックしていたら、天井裏に謎の隠し部屋を発見。中には生活の痕跡が――そんなミステリアスな出来事がYouTubeで公開されています。なにそれ怖い。

【画像:隠し扉の向こうには何者かの痕跡……】

 9月中旬にフロリダで撮影され、視聴者投稿型YouTubeチャンネル「ViralHog」に寄せられた動画。撮影者がガレージの屋根裏に上ると、中には不自然にもカーペット敷きの通路があり、たどると木枠に仕込まれた扉が発見されました。

 壁はきちんと加工され床には赤いカーペットが敷かれており、内装は立派なもの。コンセントや男性用の簡易トイレが設けられているうえに宅配ピザの箱が散乱しており、何者かが生活していたのは明らかです。

 撮影者はViralHogへ投稿する前に、短期間自分で動画を公開していたもよう。そのときある人物から、部屋の壁に飾られていた車のナンバープレートが、2009年に世間を騒がせた殺人犯、Dee Dee Mooreのものだとする情報が寄せられたといいます(参考:THE Sun)。

 このことから、撮影者は隠し部屋が殺人犯の隠れ家だったのではないかと推測していますが、疑問も残ります。部屋は巧妙に隠されているとは言い難いですし、出入りがあればこれより以前に発見されそうなものです。そもそもDee Dee Mooreは女性ですし、切迫した状況とはいえ男性用トイレしかない部屋でこもりきりになれるものでしょうか。

 所有者やその遍歴といった家屋の情報が明かされていない以上、何を言っても臆測にしかなりませんが、動画には「PCゲーマーの部屋っぽい」とのコメントが。卓上のコンセントに簡易トイレ、散らかったピザボックス……言われてみたらヘビーなゲーマーや受験生が根を詰めているような光景しか浮かばなくなってしまいました。真相はなるべく平和的なものであってほしい。




一戸建て格安リフォーム
リフォームサイト比較


Sponsered Link

シェアする

フォローする