理想のパーツは海外からお取り寄せも!?リノベ成功のヒント集 [FRaU]

Sponsered Link

理想のパーツは海外からお取り寄せも!?リノベ成功のヒント集     [FRaU]
物件や予算などの条件をクリアしながら、理想を実現していくのがリノベーション。内装業者や施工会社に任せっぱなしにするのではなく、好みのパーツを自力で探し出したり、仕上がりの表情にこだわるために、既存のものを使わずに手を加えたり。

オンラインのセレクトショップ「MAVUNO」を営む渡部美穂さんのご自宅には、素敵なリノベーションを叶えるためのポイントがたくさん詰まっていました。 渡部家は、もともと印刷工場だった3階建ての物件。1階を経営しているセレクトショップのサロンにし、2階・3階を住居としている。印象的な窓の装飾は、なんとガレージ用のシャッター。

「工場だったときの名残りで、玄関のドアがガラスなんです。防犯上、心配なので鉄の扉をつけたかったんですが、構造的に無理があって。それで内側にシャッターを取り付けることを思いつきました。ガレージ用のシャッターを黒くペイントしたら格好いいなと」(渡部美穂さん・以下同)

無国籍な表情がなんとも素敵。 光が差し込んだときの床に落ちる影も美しい。マットな質感の黒い床は、炭を塗り込んでいる。

「1階はサロンがあるため、靴を履いたまま入れるようにしています。だから見た目重視でやってみたのですが……。触るだけで炭がついてしまうので、ちょっと困っているところ(笑)。猫が歩くと、足跡がついちゃうんですよ」 本当はフランス漆喰にしたかったという壁。高額になってしまうので普通の漆喰に墨を混ぜ、ムラ仕上げにしてもらった。

「リノベーション会社には伝えていても、施工するのは現場の職人さんたち。最後のほうは顔を見るだけでうんざりされるくらい、しつこくしつこく、希望の仕上がり感を伝えました」

毎日暮らし、長く住む家だからこそ、妥協は禁物。自分なりのこだわりを伝えることで、納得のいく家になる。 業務用に設置されていたエレベーターは撤去して、あいた空間をシュークローゼットにしている(本誌参照)。室内にある部屋だけど、外で使う靴やレインコートなどを置く場所ということが伝わってくるのは、屋外用の小物を効果的に使っているから。靴の泥落としを床に置き、フラワーベースを傘立てに。マドエレンの樹脂琥珀のルームフレグランスを入れているのは、雨ざらしにして錆びたガーデニング雑貨。




一戸建て格安リフォーム
リフォームサイト比較


Sponsered Link

シェアする

フォローする