パナソニックのデザイン展 – 家電と暮らし、過去・現在・未来のデザイン

Sponsered Link

パナソニックのデザイン展 – 家電と暮らし、過去・現在・未来のデザイン

画像提供:マイナビニュース
●「手触り感のあるデザイン」を知ってもらうために

11月上旬、東京ミッドタウンにて「パナソニック デザイン展」が開催されました。2018年に創業100周年を迎えるパナソニックが、商品デザインを通じて、そのデザインの歴史や現在、未来に向けた提案などを紹介するものです。「GOOD DESIGN AWARD 2017」展にて展示中の作品とともに、パナソニックのデザインを過去・現在・未来から俯瞰できる場となりました。

○「手触り感のあるデザイン」を知ってもらうために

展示に先駆けて開催されたセミナーでは、デザイン戦略室 中野二三康室長、アライアンス社デザインセンター 臼井重雄所長、エコソリューションズ社デザインセンター 藤本一彦 所長、コネクティッドソリューションズ社デザインセンター 時岡英互部長が登壇。展示の目的や内容、各デザインセンターの活動などを説明しました。

開催の目的を「パナソニックデザインの魅力を改めて知ってもらうこと」と説明する中野氏。そのきっかけは、アプライアンス社デザインセンターと京都の伝統工芸後継者によるクリエイティブユニット、「GO ON」によるKyoto KADEN Lab.の展示が、2017年のミラノサローネで「Best Storytelling賞」を受賞したことだったそう。

パナソニックは家電メーカーとして、体験価値やストーリー、もの・こと・人との関わりを重視したデザインを長年行ってきました。現代の「Hands-on Innovation」時代にいたるまで培ってきた「ユーザーとつくる生活者目線や現場感」の強みに、新たにUI(ユーザーインタフェース)やUX(ユーザー体験)を含めた「手触り感のあるデザイン」として暮らしや社会にどう活かすべきなのか。

その問いに向き合う各デザインセンターの活動を、「Electronics Meets Crafts-人の記憶や五感に響く未来の家電」、「Weaving The Light-光を編む」、「Next Humanity-2030年の人間らしいくらし」にまとめ、基礎となった「パナソニックデザインの名品たち」とともに展示しました。

臼井氏は「プロトタイプデザインの活動は過去からありましたが、社外には公開されていませんでした。新しい時代に向けデザインのプロセスも発信していくべきと3つのセンターが共同しました。アーティスティックなUXやUIを含めた作品の展示を通じ、デザインが元気なメーカーであることがアピールできれば」と語りました。

○- Electronics Meets Crafts – 記憶や五感に響く未来の家電

家電などを扱うアプライアンス社デザインセンターと、京都の伝統工芸後継者によるクリエイティブユニット「GO ON」のコラボレーションによるプロトタイプ展示。パナソニックの技術と伝統工芸が融合し、家電に新たな価値と豊かさを生むデザインを提案しました。

お茶を飲む行動を五感で感じさせる道具一式。大きな器には内底に銀を塗ることで、渦電流でお湯を沸かせます。朝日焼の「銀彩」の美しさ、IHの技術が融合。ろくろ技や刷毛目や釉薬など絵付けの面白さ、お湯を救う動作はもとより、湯気や器の表情など五感で楽しめます。

茶筒を模したbluetoothスピーカー。開けるとスイッチが入り、閉めるとゆっくり閉まって音が消えます。音を手の振動でも感じることができるほか、真鍮の経年変化によって価値が高まります。創業140年の老舗茶筒店のクラフトとエレクトロニクスが融合し、豊かな暮らしと次世代に渡せる家電を生みました。

伝統的な香を焚く楽しみを、個人の好みで気軽に楽しめるようにした香炉。両手で持つと光が付いているとお香が燃え、薫る仕組みです。通常は利用しないという、強度が高くて溶接てできないというチタンにチャレンジしている。

ステンレスベアリングで冷たさを保つクーラー。冷えた砂や雪にワインボトルを指す心地よさを想定し、お酒の場に豊かさを与えたいと考えたそうです。20枚のピースを削って組み合わせた木桶の内側に冷却装置をつけ、ステンレスと組み合わせることで五感に響く家電になっています。

●未来の明かりと暮らし、そしてパナソニックデザインの名品たち

○- Weaving The Light -「光を編む」、未来の光源がつくる明かりと空間

エコソリューションズ社デザインセンターの展示。直進性と効率性に富むレーザーを通したファイバーを編んでディスプレイし、RGBカラーをプログラム制御して一日の太陽光の変化を繊細に表現しています。空間に新たな価値をもたらす明かりのデザインです。

両側からレーザーを通した0.9ミリのグラスファイバー16本を編んだディスプレイ。朝焼けから夕焼けまで、一日の空の色の変化を模した光は、RGBデータをプログラム制御しています。将来的には、ホテルのロビーや公共施設、また住宅のダイニングルームのペンダントなどへの展開が期待されています。

○- Next Humanity – 2030年の人間らしい暮らし

従来は、商品自体の使いやすさ、労働力や時間節約を重視してデザインを考えてきたデザイナー。ですがこれからは、商品全体で捉えながら、IoTの利点も含めた暮らしのデザインまでを行う必要があります。そこで、2030年の東京の暮らしを描いた家電のコンセプトモデルを展示。ビッグデータやIoTなどの技術を取り入れ、ひと本来の「人間らしさ」を高める暮らしをデザインしています。

どこでも給電できるテーブルクロス。効率化されてきた食事の場を、さまざまな人がつながる新たなコミュニケーションの場としてデザインします。

ビッグデータとつながるプロジェクター。画像認識で感知した「もの」に関連した情報を表示します。記憶や生活情報によって暮らしがどう変わっていくでしょうか。

健康状態に合わせて開花する「バイタルプラント」。デバイスやビッグデータとつなげて人間の健康状態を表示させることで、健康管理やコミュニケーションに活用します。現時点で可能な心拍数から、今後はAIや家電技術の進歩によって、さらに柔軟な情報活用ができると想定されています。

○パナソニックデザインの名品たち

パナソニックは、1951年に日本初のインハウスデザイン室ができたメーカーです。アメリカ視察で刺激を受けたパナソニックの創業者、松下幸之助氏が自ら、千葉大学工業意匠学科講師の真野善一氏を招聘、3名で「宣伝部意匠課」を始めた時から考え方は同じです。白物家電を中心に、生活に根ざし、人々の暮らしをよくするデザインをしてきました。そうした100年の歩みを、立体表示で他の商品を紹介する「PRISMサイネージ」やLinkRayアプリによる当時のTV CM表示とともに振り返る展示です。

扇風機「20B1」は、1952年、初めて宣伝部意匠課がデザインした商品です。それまでの技術重視の形状と異なり、ボタンの位置や使いやすさが重視されました。掃除機「MC-1000C」は、1965年にプラスチックを初めて採用。樹脂成形による、自動車の流線型を意識した形状と軽さで、掃除のストレスを軽減しました。

ちなみに、パナソニックの製品は過去84件がグッドデザイン賞を受賞。今年のベスト100にも5件が認定されており、「社会的課題をデザインで解決する取り組みが評価されたことの現れでは」と中村氏。短期間の展示ながら、過去・現在・未来からパナソニックデザインに触れることができる貴重な機会となりました。




一戸建て格安リフォーム
リフォームサイト比較


Sponsered Link

シェアする

フォローする