2025年度には技能労働者130万人減、ゼネコンで進む省人化

Sponsered Link

2025年度には技能労働者130万人減、ゼネコンで進む省人化
 ゼネコン各社が建設作業にロボットやICT(情報通信技術)などを活用した省人化工法の開発・導入を進めている。複数のロボットや建設機械をシステム化して自動的に作業したり、工場で生産した部材を現場で据え付けたりする工法を進化させている。建設業は将来的な担い手不足への対応や働き方改革を迫られており、最新技術の活用で課題解決に取り組む。

 清水建設は自律型ロボットを活用する建築工事システム「シミズスマートサイト」を構築した。IoT(モノのインターネット)を駆使して現場情報を取り入れ、統合管理システムが管理する4種類のロボットが作業指示に基づき作業する。2018年度から建設現場に本格導入する予定だ。

 ロボットの種類は建設現場で基盤となる施工や搬送、溶接といった作業から抽出した。「エクスター」は水平方向にブームを伸縮できる世界初のクレーン。柱溶接ロボット「ロボ・ウェルダー」は2台が連携して鉄骨柱を溶接する。「ロボ・バディ」は2本の腕で天井や床材を施工する多能工ロボット。「ロボ・キャリア」は自分で資材を積み込み、ルートを選んで運ぶ。

 ロボットの稼働状況を把握する統合管理システムは、建物情報の入った3次元(3D)モデルと連動し、建物の状況に応じた作業が可能。ロボットとシステムの開発に20億円を投じた。

 シミズスマートサイトの構築を指揮した印藤正裕常務執行役員は 「100現場、8000台のロボットを統括管理できる頭脳を持つ」という。

 シミズスマートサイトを床面積3000平方メートルの30階建てビルに適用すると計6000人近くを省人化できると試算する。複数現場でロボットを転用した減価償却も可能だ。

 開発では「人が使いたいと思えるもの」(印藤氏)を意識した。バブル期の90年代に全自動の施工システムを開発したが、維持や保管などのコストがかかり、使い勝手が悪かった。その反省を踏まえ、単なる機械ではなく作業者の“仲間”となるよう、ロボットの動きなどを考慮した。「ロボットを使えば少ない人数で作業できる」(同)と将来の建設現場を見据える。




網戸張替えが格安!一枚1000円【完全定額制】
リフォームサイト比較


Sponsered Link

シェアする

フォローする