8畳のインテリアレイアウトのコツ 工夫して部屋をより広く活用しよう!

8畳のインテリアレイアウトのコツ 工夫して部屋をより広く活用しよう!


        学生の窓口編集部

一人暮らしの部屋のコーディネートは、広く見せたり快適に暮らしたりするためのインテリアレイアウトが大切です。圧迫感の少ない部屋は、自室でゆっくりとくつろぐためのポイント。開放感のある「8畳」にするために、おすすめの家具やコーディネートを考えたインテリアレイアウトのコツを紹介します。

■8畳の広さはどのくらい?

一人暮らしするなら絶対に外せない条件TOP5は? 大学生に聞いてみた

新築のアパートや1Kの部屋をリノベーション工事した物件に増えてきた、開放感のある「8畳」。学生向け賃貸物件や日本の家屋では、標準的な部屋のサイズとされてきた6畳に、「ゆとり」や「空間」を目指して畳2枚分増えたのが8畳の部屋です。

8畳の部屋というと、実寸のスペースは約13.2平方メートルになります。畳1畳分は約180センチメートル×90センチメートルですから、約1.6平方メートルが1枚分です。ですから、8畳のスペースは、畳8枚分の寸法になり、全体の広さは約13.2平方メートルの広さがある部屋のことです。正方形の部屋なら、360センチメートル×360センチメートルになっています。

<2畳増えたら、〇〇が置ける!>

8畳の部屋を見ても広いのか狭いのか……となると、標準的な6畳よりもたった2枚の畳が増えただけ。とはいえ、この2畳分がとても大きく、ゆとりを感じられるスペースになることがあります。

2畳のスペースは180センチメートル×180センチメートルです。たとえば、二人掛け用のラブソファやカウチソファは、150センチメートルサイズですから、三人掛けのソファが置けることになります。また、机とテーブルを兼用して使っていれば、ダイニングテーブルセットやカフェテーブルなどを購入することもできます。チェストとテレビボードなども、分けてみることができるようになるのです。

さらに、小さなキッチンのついている1Kの部屋の場合、約2畳分のスペースとなっていることもあります。キッチンが狭い場合は、カップボードなどの収納家具も8畳の部屋に配置することもできます。ですから、「たった2畳」増えただけでも、ゆとりや便利な空間を楽しむことができるのが8畳なのです。

■8畳のインテリアレイアウトのポイントは?

インテリアのレイアウトで必要なのは、部屋のスペースにこだわらず、家具の高さや大きさをチェックすることから始まります。限られたスペースの部屋を広く見せたり、効果的な使い方をしたりするのに効果的です。一人暮らしを始めるときや引越しなどで賃貸物件を変わるとき、まず持っている家具や購入したい家具の高さや大きさを考えましょう。

シェルフやタンス、本棚など、高さのある家具が部屋を狭くするわけではありません。平面(床に置いたときの面積)で考えれば、高かろうが低かろうが部屋の歩ける面積は同じです。しかし、家具の配置場所によっては、部屋をゆとりのある広さに魅せることもできれば、狭く見える圧迫感のある部屋になってしまうこともあります。

イメージするだけでもインテリアのレイアウトはでき上っていきますし、楽しいですよね。しかし、できる限り完成度の高いレイアウトを考えるには、8畳の部屋の間取りを平面に書いてみるのはおすすめです。

<8畳を広く魅せるレイアウトの基本は「視線」>

部屋に入って一周部屋を見渡すと、高い家具が真っ先に視界に入ると、部屋の「狭さ」を感じさせます。そのため、広く魅せる8畳のインテリアレイアウトの基本は、「視界が遮られない」ようにすることです。

高さのあるクローゼットやシェルフが、部屋の中央や窓の前に配置して光を遮ることになると、圧迫感を感じやすくなります。8畳の部屋には、ある程度大きい家具も配置できますが、視線の抜ける高さになるレイアウトを優先しましょう。チェックポイントとしては、入り口のドア付近やイスやソファに腰かけた位置から、窓や壁が見えるかが大切です。

8畳の部屋で、四隅や壁や窓(ドア側を除く)3面など、いろいろな位置に立ったり座ったりしてインテリアレイアウトを考えるのが、ゆとりのある配置にするコツです。お手持ちの家具を配置する場合でも、購入する家具を検討中でも、視線の先に高さのある家具がこないようにすること。これが、8畳の部屋を広く見せるレイアウトの基本になります。

<動きやすい「動線」はゆとりのある部屋になる>

部屋のレイアウトに欠かせないもうひとつのポイントは、家具のサイズではなく、部屋の中で動きやすいかということです。これは、開放的な部屋にするだけでなく、広く魅せる効果やモダンな部屋づくりに効果があります。そのために大切なポイントは、移動するための「動線」の確保です。

8畳などの限られた部屋のスペースでは、机やテーブルに向かったり、ベッドやソファからドアや室外に出たり、自然に動く場合の動線をチェックしましょう。家具やインテリアのアクセントをおしゃれに配置しても、右や左に折れ曲がってよけながら歩くのでは、部屋が狭く見えることもあります。

目標にしてきた、もしくは、夢にまで見た「一人暮らし」なら、ゆとりのあるくつろげる部屋づくりをしたいですよね。動線を考えたインテリアのレイアウトは、居心地がよい便利な8畳に仕上がります。


■8畳のレイアウトにおすすめ家具はこれ!

少しゆとりのある部屋といっても、限られたスペースの8畳。最大限活用するには、家具のサイズをチェックした平面図があるといいですね。そのためには、家具の寸法もチェックしてみることが必要でしょう。

お手持ちの家具なら、できるだけ正確な寸法を測ってみましょう。購入したい家具なら、販売店のサイトを見るとそれぞれのアイテムの寸法が確認できます。

<一人暮らしに人気のある家具>

・ベッド
男性に人気のある収納付きベッドや高さを抑えたフロアベッドなど、一人暮らしに向いているベッドも種類はさまざまです。収納付きとフロアタイプではベッドの高さは異なりますが、シングルサイズの場合、幅(W)は約970ミリメートル、奥行き(D)は約1950〜2170ミリメートルになります。そのため、畳1畳よりも少し大きめのサイズになります。

・ソファ
カウチソファやラブシートと呼ばれる二人掛けソファは、一人暮らしのインテリアで人気のアイテムです。コンパクトなソファは奥行き(D)が750ミリメートルぐらいですが、800〜850ミリメートルの標準タイプのものや900ミリメートルを超える幅の広いサイズなど寸法もさまざま。高さ(H)は、580〜820ミリメートルぐらいの商品などが揃っています。

・テーブル
部屋を広く魅せる効果のあるテーブルといえば、カフェテーブルや座卓などの低い高さが人気ですよね。狭いから「小さなサイズ」を選んでしまいがちですが、「大は小を兼ねる」ことの意味を実感しやすいのがテーブルです。実用的でないと使用頻度も下がってしまい、インテリアのアクセントにしかならなくなってしまうことあります。限られた部屋のスペースでは、テーブルは実用アイテムに入れておきたいですね。使いやすいテーブルのサイズは、幅(W)が約900〜1200ミリメートル、奥行き(D)は約450〜600ミリメートルがおすすめです。

・テレビボード
部屋が狭くなることを避けようと思うと、最初にあきらめやすいのがテレビボード。最近では、パソコンで済ませてしまうこともありますが、音や映像サイズを考えるとテレビ好きには、インテリアに加えていただきたいのがテレビボードです。幅(W)は約900〜1200ミリメートル、奥行き(D)は約300ミリメートル前後のものが多く、インテリアのアクセントとしても効果的です。

テレビボードは、テレビのコンセントや周辺機器の配線も必要なため、壁際に配置することが多いかもしれません。テレビを見るときは、周辺の壁が見えます。そのためにも、お手持ちのソファや購入を考えているソファに合わせて、テレビボードの高さを選ぶのがおすすめです。

・クローゼットやシェルフ
学生さんの場合には、在学中や就活の時期だけでなく、就職してからも一人暮らしを続ける人もいらっしゃいます。そうすると、スーツやジャケット、ワンピースなど、数年後のライフスタイルも考慮して、クローゼットやシェルフを購入することもあります。

高さのある家具は圧迫感を感じやすいとはいえ、衣類の保管や収納には大切。必要と思うときは「レイアウトを考え」、高さにこだわらないようにしましょう。衣類の収納家具の幅(W)は約900〜1800ミリメートル、奥行き(D)は約600ミリメートルが一般的です。

高さのある家具を配置するときに注意したいのは、視界を遮らないようにすること。そこで、高い家具の場合、ベッドやキッチンの間仕切りとして配置すると、目隠しにもなりモダンなレイアウトになります。ベッドやキッチンは、部屋のコーナーや壁際にあることが多く、その付近に高さのある家具を配置するなら部屋の中央に大きな家具がきて威圧感を感じることも避けられます。このようなレイアウトなら、視界も動線もすっきりした配置ができるかもしれません。

<インテリアレイアウトを平面図でチェック>

一緒に暮らす「家具」が決まったなら、部屋と家具の寸法を書き出してみましょう。これは、一人暮らしを始めるときだけでなく、模様替えにもおすすめです。

和室の場合は、正方形であることが多い8畳も、洋室の場合は部屋の奥行きと幅が異なっていることもあるので、要チェックです。正方形の8畳なら、360センチメートル×360センチメートル。A4などの用紙を切ったり正方形を書いたりして、部屋の大きさを記載してレイアウトの外枠を書きます。折り紙でもOKです。

<「視線・動線」を平面図に加えてレイアウトを完成>

8畳の一面、360センチメートルを縮小して、36センチメートルや18センチメートルなどで部屋のサイズを書き、家具の実寸も同じ縮尺で書きます。でも、ゆとりのある使いやすいレイアウトを紙面上で確認にするには、「視線」や「動線」も書き込むことが重要です。

部屋の入り口から、いくつかの方向に線をひいてみましょう。線をひいた先に家具が当たらないとき、また、家具をよけて直線が引けた場合には、8畳の「見た目すっきりの動きやすいレイアウト」が目の前。高さも関係しているので、視線の届きやすい位置は「太め」の線などでチェックすることも役立ちます。


一人暮らしを始めるときも、模様替えや引越しなども、イメージしたり平面図をつくったりすることから始めるのがポイント。インテリアレイアウトをしっかり考えた「ゆとりと便利な8畳」は、とても居心地がよく、楽しい学生生活の想い出にもなります。

執筆:高橋美布

建築や設計デザインの経験を活かして、インテリアやリノベーションにかかわるコラムを執筆中。「和」の魅力を海外でもアピールしながら、海外のインテリアや家具の魅力、部屋作りも伝えたいと思っています。


本日0/ 累計33views