WCには手洗いカウンターがすでに標準

Sponsered Link

最近

住宅展示場では購買層を30代とした

比較的コンパクトな住宅が多く見られます。




やはり和室は減る傾向にあるらしく
その分をフリースペースや子供室として提案していたところが
多かったように思います。



全体の傾向としては
キッチンスペースや洗面室、
そしてWCスペースが大きくとられ、

水周り以外では
ニッチスペースを設けてアイキャッチとしている
ところも目に入ったりしました。



何とか
注意を引きたいというハウスメーカー各社の苦労のあとが伺えました(^_^;)




特にWCには力を入れているところが多く、
芯々910+227.5とちょっと余裕を持たせたところは
参考になりました。




このように

WCには手洗いカウンターが
すでに標準となっている様子。




何よりも
若い世代は

見せることに神経を注いでいるという
現れですね。






↓オーダーの手洗いカウンターとなるとこんなに素敵になります

b67f0debd9e4b38642b0e7d1e765db28











↓建築関連




家の「狭さ」をすぐに解決する方法【捨ててしまっては遅い】




新築、リフォームの見込み客を集めるためのツール




家の小さな補修(メンテナンス)の頼みごとが大きな工事となる恐ろしさ






→フロート式(浮いている)TVボードをあなたの家に【全国販売開始】












★TVボード価格表


メッセンジャーで見る



★収益増加を可能にするシステム


【最新】「リストを自動で集めるツール」【無料版】


「集客ツール」の使い方|3大SNSツールの設定方法



★リフォームの盲点


高齢者のためのリフォームの盲点


家の困り事はどこに頼むべきか


家の不安解消だけでは足りません


Sponsered Link